子供にあることをさせようとすることがあります。

高い教育を受ける事の重要性

間違いをとがめるのではなくほめる教育

高い教育を受ける事の重要性 子供にあることをさせようとすることがあります。初めてのことなのでなかなかできないこともあります。子供にとってあまり興味のないことだとなかなか積極的にしてくれないこともあります。この場合はきちんとするように伝えることも大事です。このとき子供は何が正しくて正しくないのかわからない状態です。きちんとしないことがよくないことであることを伝える必要があります。厳しく言うことも大事になってきます。

何とか子供が集中してやってくれるようになりますが、結果が出ないことがあります。一応考えてくれていますが正解を示すことができません。このときどのように教育をしていくかです。なぜ間違うのかをとがめてしまうことがあります。でも子供もなぜ正解が得られないのかわからないのでここでとがめられると考えることをやめてしまいます。

ここで大事なこととして、そこまで考えたことに対してほめることです。正解は得られなくても正解までたどり着こうと少しは努力をしているはずです。それを見極めてほめてあげます。そうするとどこまでが正しくて、これから何をがんばればいいかがわかります。見極めを間違えると効果がなくなります。子供の様子を見てあげる必要があります。

Copyright (C)2019高い教育を受ける事の重要性.All rights reserved.